HOME > 診療について
アウル内科クリニック

診療科目
  • 内科
  • 消化器科
診療時間

平日 午前 /   7:30 ~ 11:30
    午後 /  13:30 ~ 17:00
土・日・祝 /  休診

内視鏡検査について

●経鼻内視鏡

 カメラ(胃内視鏡)は辛いという印象があります。しかし、そのため検査を遠ざけて、病気の発見が遅れたとしたら残念なことです。鎮静剤を使うと検査は楽ですが、薬の副作用の問題や、車の運転ができないなどのデメリットがあります。
 最近、鼻の穴からできる極細径内視鏡が開発されました。これまでと比べて、とても楽であったという人が多いようです。画像も以前に比べずいぶん改良され、十分観察に耐えます。ただし、鼻の細い人には入らなかったり、潰瘍や、癌の治療ができないなどの弱点もあります。専門医の立場としてはこれまでの内視鏡と良い所を補いながら併用していくのがもっとも良いと思います。

●大腸内視鏡

 検査自体はおおむね10分以内に終了します。しかし、前処置として大量の下剤を術前に使用する必要があり、なかなか敷居の高い検査です。血便のある人、頑固な便秘、下痢のある人などが対象となります。大腸ポリープはよく聞く病気で、切除を望まれる方が多いのですが、5mm以下の小さなポリープはあわてて切除する必要はありません。ポリープ切除には相応の危険もあるため、適応は慎重に判断する必要があります。

Copyright (C) 2013-2018 アウル内科クリニック All Rights Reserved